施工管理がきつい理由と解決法を現役セコカンが解説!

施工管理はきつい仕事だと言われますが実際どんな形できついのかちゃんと考えた事ありますか?

ただイメージできついと考えていると思います。きつい事がなにかを知ることによって解決策を考える事ができます。

施工管理は年収が高く相性が良ければ今より良い生活も可能ですし、建設業はやりがいや社会的貢献度も高く働く満足度もあります。

自分と相性が良いか確認する上でもこの内容を見て頂ければ最良の仕事になるかもしれません。読んでいって下さい。

フリナビ(ブラック企業を排除した転職サイト)

フリナビは第二新卒・既卒に特化した転職エージェントです。

20代の若手人材をターゲットにしており「ブラック企業を排除した転職エージェント」と掲げており条件を聞き取りした上で転職者の希望に合った企業を紹介してくれます。

対応の遅い転職エージェントがある中「即面談、全員面談」を実施する対応の早さも信頼がおける。

\即面談!スピード対応!/

無料登録後もお金はかかりません

目次

施工管理がきつい理由

施工管理がきつい仕事と言われるのはいくつか理由があります。

よく言われる項目を解説します。別時期で施工管理がつらいところは解説していますのでそちらも読んでいってください。

おすすめ記事:施工管理がつらい理由と対策を23個の体験談で解説

残業が多い

施工管理は比較的残業が多いです。一般の仕事と比べても多めです。

しかし、残業の多い業種とくらべてもそこまで抜きに出て多いわけでは無くIT関係の仕事と比べたら多少少なくなります。

昔の国の労働規制がまだ緩い時期は100時間越えの残業も平気でありましたが今はそんなことなく普通に働く事ができます。

休日が少ない

建設業は昔から土曜日も仕事があり、現在も昔からの風習を引き継いでいる企業も多くあります。

しかし、働く人の人気度から土日休みがどの業界でも当たり前になり求人も就職者有利の現状から週休2日の企業が増えています。

国交省も週休2日制の工事を多く発注しており国も含めえ週休2日を推進しています。

コミュニケーションが大変

工事の中で施工管理は職人の労務管理や安全管理を行います。工事の工程や環境を管理するため調整や打合せがメインの仕事になります。

打合せを上手くこなしたり工程会議の司会を務める事があります。人とコミュニケーションをとる機会が多く、交渉事もあり自分に有利な条件を引き出すためにもコミュニケーション能力は十分に必要です。

転勤、出張が多い

大手企業で施工管理をすると出張、転勤が多くあります。これは都会で技術者を雇用してその技術者を全国へ派遣する企業が多くあるからです。

企業としては都会での求人活動が簡単で現場は全国にあるため転勤が多い状況になりやすいです。

大きな構造物(トンネルや橋など)は現場が完成するまで2年3年かかる事があり長期転勤が行われる事が多くあります。

大手企業に勤めると転勤は仕方ない事として扱われますので覚悟しましょう。どうしてもイヤであれば地場ゼネコンに就職するのがいいでしょう。

地場ゼネコンであれば、基本的に出張等は無くなります。家から通える距離で仕事をする事ができます。

転勤、出張がいやなのであれば検討してみてください。

資格取得が大変

実務経験がないと受験できない資格がいくつかあります。これは勉強だけすれば取得できる資格より大変です。

施工管理技士については、テストも難しくだいたい40%を切るくらいが合格しているので簡単ではありません。

忙しい仕事の中、勉強時間をちゃんと確保して資格取得する事が大事なのでコツコツ積み上げていかないと難しいです。

施工管理のおすすめ資格については別記事で解説していますので御覧になってください。

おすすめ記事:施工管理が取得したいおすすめ資格について

現場仕事は体力勝負

工事中は重い荷物を持ち上げたり作業したりすることは施工管理としてはあまりありません。

しかし現場を一日中走り回ったり、現場事務所を出たり入ったりするので職人さんほどではありませんが体力は大事です。

一日現場で立会しているのも結構体にくる仕事です。

体力つけて仕事するのが大事な仕事となります。

現役施工管理が回答する質問集

寄せられた質問を一つ一つ回答しましたので見ていってほしいです。

悩んでいるあなたの助けになるかもしれません。

施工管理は仕事をしていて何が楽しいですか?

やりがいがあってみんなから感謝されるので楽しい仕事です。

おすすめ記事:施工管理が楽しい場面10選

施工管理は誰でもできますか?才能必要でしょうか?

誰でも出来ます。施工管理は未経験や文系の方も入職してきます。

立派に技術者として仕事をしている方も多くいますので誰でも大丈夫です。

未経験の方が勤まるかは別記事で解説していますのであわせて見ていって下さい。

施工管理はなぜ給料高いのですか?

需要が多く、実務経験を大事にするので経験を積ませる成り手を建設業界は大量に求めています。

給料を上げて成り手を増やす企業の方針があるからです。

施工管理の年収については別記事で解説していますので一度読んで行って下さい。

おすすめ記事:施工管理の年収が高い理由

施工管理は意外と楽と聞きました。本当に楽ですか?

楽な部分もあります。ひどい仕事を想像している人も多くいますが実際は普通のサラリーマンと同じ働き方です。

おすすめ記事:施工管理の仕事内容

施工管理でもホワイトに働きたいです。可能でしょうか?

ホワイトに働くことは可能です。就職時、転職時にちゃんと労働条件を確認しましょう。

落とし穴に気づかずに就職してしまう可能性がありますので理解度を高めましょう。

おすすめ記事:施工管理でもホワイトに働く方法

施工管理はやめとけと家族から言われました。やめといた方がいいですか?

やめとけの理由をしっかり理解しましょう。施工管理をやめとけと言っている人達はやめとけの理由もあまりちゃんと理解していない人が多いです。

おすすめ記事:施工管理はやめとけと言われる理由

施工管理をやめてよかったと言う人の意見が聞きたいです。

やめてよかった理由をまとめている記事を作成しました。

おすすめ記事:施工管理を辞めてよかったと言われる理由

施工管理は何年目で一人前ですか?

3年目で一人前だと感じます。施工管理の仕事は年間で決まった仕事をする事が多く2年で覚えて3年目からは自由に仕事ができるようになる方が多いです。また3年目になるといろんな事を考えるようになります。

おすすめ記事:施工管理3年目は運命の分かれ道?

建設・設備求人データベース(建設業界転職の専門転職エージェント)

建設・設備求人データベースは建設業を専門に特化した転職エージェントです。

建設業に特化した専門家が転職アドバイスを無料でしてくれるサービスです。

豊富な求人数と情報提供力で転職活動を協力に支援してもらえます。

\即面談!スピード対応!/

無料登録後もお金はかかりません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次