施工管理に向いていない人の特徴10選!施工管理に必要な能力の身につけ方!

こんにちはセツビズです

施工管理で働いてきて向いていない人の特徴がわかるようになってきました。

自分は向いていないと悩んでいませんか?

ベテラン施工管理の方から未経験で入りたての職人さんまで現場で仕事していていろんな人を見てきました。

どんな方が信頼を獲得できる施工管理になれるかわかるようになってきました。

今回はどんな人が施工管理に向いていないのか特徴をまとめました。

こんな施工管理にならないように改善点の見つける手助けにしてください。

これらに当てはまるなら向いていないかもしれません。

できない施工管理にならないように対策方法も解説しました。

目次

施工管理が向いていない人の特徴

施工管理に向いていない人の特徴を上げていきます。

変わる事ができる内容です読んでいただいて改善できるように頑張りましょう。

建設業界は体育会系で排他的です。環境に順応できない人はすぐ排除しようとします。

スケジュール管理ができない

管理は常にです。

いろいろな工事が常に行われていて作業を調整しなければいけません。

また建設工事は工期が決まっている仕事です。その工期に間に合うように完成する必要があります。

資材の調達も多く作業に合わせて届く様に段取りすることが大事です。工程を理解しながらスケジュール通り資材が届くように手配します。

スケジュール管理が仕事しているうちにできるようになります。

言語化が下手な人

いろんなことを言語化する必要があります。

工法や作業内容、安全管理など細かく言語化しなければなりません。

相手に伝わる表現ができる人になりましょう。

言った言わないになることが多く相手に伝わるように喋る必要があります。

感情的な怒り方をする人

論理的じゃない怒りは怒った後学ぶことが少なく怒った後の見返りが少ないです。

怒るのであればちゃんと一回落ち着いていいところ悪いところ

ちゃんと整理して行動を起こす必要があります。

コミュニケーションが嫌いな人

施工管理はコミュニケーションがいっぱい必要です。

職人さん客先等いろんな方と仕事をするので

コミュニケーション能力が大事です。

理系の人はコミュニケーションが取れない方が多いです(私もそうでした。)

仕事している中で培う物です。積極的に学ぶようにしましょう。

心配性じゃない人

一度間違うと取り返しが大変な仕事が多くあります。

確認を執拗にすることが大事です。

「確認したっけ?」ってなった時は確認すべきです。

何回も確認しましょう。

小学生レベルの暗算ができない人

現場で電卓も携帯も取り出せない様な状況ってあります。

寸法や長さを計算をできる様にします。

単純な繰り上がりの足し算、引き算が多いのでできる様にしておきましょう。

考えすぎてしまう人

いろんな人から怒られてしまうことがあります。

怒られた際は悪いところは次からの材料にして

次から役立てれる様にしましょう。

怒られた事をあまりクヨクヨしてしまうと損です。

おすすめ記事:施工管理は地獄!改善方法と対策を考える

お酒が付き合えない人

お酒の付き合いが多かれ少なかれあります。

古い考えかもしれませんがコミュニケーションを良くするには

お酒の場が一番近道です。

仕事を楽にするために利用したいですね。

雑な人

施工管理の仕事は細かな仕事の積み重ねです。

一つ一つの仕事が雑だと積み重ねが大きな失敗に繋がります。

細かな作業を積み上げれるようにしましょう。

配慮ができない人

危険予知活動や計画書作る時もいろんな危険に配慮して計画する必要があります。

作業者のしてほしい事に配慮して計画を組み立てる必要があります。

配慮して仕事できるようになる必要があります。

施工管理に向いている人の特徴

施工管理として向いている人はどんな特徴があるでしょうか?

いくつかの項目を解説しました。

これさえあれば施工管理としてしっかりやっていけるでしょう。

コミュニケーション能力がある

施工管理は他人との交渉やチームワークを高めることが大事です。

他人との意思疎通にコミュニケーションは重要です。

コミュニケーションは回数が多ければ多いほど密になっていくでしょう。

理解度が低いと嫌われますが明確に理解して細かいところまで詰めると仕事もスムーズに進むでしょう。

マネジメント能力がある

職人さんの管理や工事工程管理、部下の行動指示が施工管理が行う仕事のメインです。

施工管理の仕事をスムーズに進めるために人材管理が大事です。

マネジメント能力さえあれば施工管理の仕事のほとんどが大丈夫といっても過言ではありません。

元気よく挨拶ができる

コミュニケーション能力の一歩めとして挨拶って大事です。

挨拶ができればコミュニケーションもしやすくなります。

コミュニケーションの一歩目として挨拶をしていきましょう。

おとなしい人は施工管理に向いていないのか?

職人さんの語気は強いし言葉は悪いしおとなしい人は向いていないのではないかと思うかもしれません。

しかし実際は、おとなしいかは関係なく言う言葉の説得力が大事です。

一概におとなしい人が向いていないとは言えないと思っています。

実際口数少ない現場監督も多くいます。

みんな理系ですし営業でも無いので最初は言い返せないかもしれませんが知識がついてくれば説得力ある言葉を返すことが可能です。

大事なのは論理的な思考と説得力の裏付けになる知識量です。

施工管理は何年目で一人前なのか?

施工管理は実際何年目で一人前になるのが必要なのでしょうか?

理系の指定学科から施工管理になって施工管理技士の資格が取れるのは

2級施工管理技士だと2年、1級施工管理技士だと5年になります。

2級施工管理技士を取れればある程度の工事を担当することができるので3年目が一人前の基準でしょう。

施工管理の3年目の働き方は別記事でまとめています。

おすすめ記事:施工管理3年目は大変!将来を考える時期

頑張れなくなったときに考えること

自分が施工管理に向いていないと思った時どのようなことを考えるでしょうか

施工管理の仕事続けられないと感じるようになった時に考えてみてほしいことをまとめました。

仕事する理由って大事ですよね。一度考えてみましょう。

施工管理のやりがい

施工管理はやりがいのある仕事です。建設業なので最終的に成果物が建物として残ります。

社会的な意義を感じやすく実感しやすいです。

世の中の人に役立っているという実績が精神的支えになりやすいです。

おすすめの記事:施工管理のやりがいについて

「やめとけ」と言われる理由

施工管理は大変な仕事です。辛くきつい仕事も多くあります。

仕事は現場事務所で3K(きつい、汚い、危険)がつきものです。

こちらの記事で施工管理が大変な理由をまとめましたので合わせてご覧ください。

おすすめの記事:施工管理はやめとけと言われる理由

向いていないと思ったときの対策

自分が向いていないと思った時にする行動をまとめました。

  • 施工管理を続けていく方向けのおすすめ案
  • 施工管理をやめて異業種に転職する案

2案紹介いたします。

今の会社で仕事が合わない、苦痛な環境だと思ったら次の会社を探したほうがいいです。

施工管理をやめてよかったことをまとめましたのでそちらも参考にしてください。

おすすめ記事:施工管理をやめてよかった事

施工管理で転職する

施工管理を続けていこうと言う方は転職をおすすめいたします。

今の会社が合わない、難易度が高いと言う方には

違う施工管理で働くことをおすすめいたします。

おすすめ記事:施工管理が比較する!おすすめ転職エージェント

施工管理を辞めて異業種に転職する

施工管理が辛く働くことができなくなった方向けに

施工管理の経験を生かせるような転職先を紹介します。

こちらの記事で紹介していますのでご確認ください。

おすすめ記事:施工管理が異業種転職する職種を解説します!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次