施工管理は潰しが効かない?施工管理の経験を生かしたセカンドキャリアを解説!

転職を考えているときに「施工管理は潰しが効かないから転職はやめとけ」って言われることないですか?

施工管理は転職がしにくい職業だって勘違いしていませんか?

全然違います!施工管理は転職がしやすい職業です。

なぜそうやって断言するのか。それは施工管理の働き方や仕事内容に関係があります。

転職しやすい理由や転職方法について解説します。

目次

施工管理は、なぜ潰しが効かないといわれるのか?

建設業は体力仕事でクリエイティブな仕事をせず、だれでもできる仕事だと思っていませんか?

施工管理はノウハウや知識をためる事ができる仕事です。

施工管理で覚える働き方はいろんな仕事で活用できる働きかたです。

潰しが効かないとは?

そもそも潰しが効かないとはどんな状態の職業の事を言うのでしょうか?

この記事では以下の特徴を持った職業を潰しが効かない職業と定義しています。

  • 特殊な仕事で他の仕事では活用できない
  • 社会と離れすぎている閉鎖的な仕事
  • 誰でもできる単純作業

これらを潰しが効かない職業と定義しています。

建設業がこれらの仕事に当てはまるかと言うとどうか?

答えはNOです。

施工管理の主な仕事は4大管理

  • 現場管理
  • 品質管理
  • 安全管理
  • 予算管理

以上の4つが主な仕事となります。

これらの仕事はいろんな仕事の元と言えます。

営業でも公務員でも事務作業でも工場勤務でも大まかにいえば4大管理でなりたっています。

施工管理の仕事はすべての仕事の元といえます。

施工管理の仕事内容については別記事で解説していますのであわせてご覧ください。

おすすめ記事:施工管理の仕事内容について

施工管理は潰しが効かない派の言い分

  • 建設業なんて他に生かせない専門職
  • なにも考えず体動かしているだけでなにも学べない
  • 施工管理はコミュ障でもできる

なんて言われる事ありませんか?

実はこれすべて真逆なのです。

建設業なんて他に生かせない専門職

確かに職人さんで誰にもできない専門職はあります。

しかし施工管理については専門知識が無くどんな工事でも汎用的に管理していく仕事です。

他の仕事に生かせる仕事です。

なにも考えず体動かしているだけでなにも学べない

施工管理で体を動かす仕事はほとんどありません

現場事務所で打合せや書類作成などに追われています。

そこらのコンサルより毎日書類作成をしています。

施工管理はコミュ障でもできる

そんなことありません。施工管理は打合せと交渉がずっと続きます。

客先要望と職人さんの説得で交渉能力は磨かれます。

コミュニケーションがうまく上達するのが施工管理です。

施工管理が進むべきセカンドキャリア

今の仕事が嫌なのであれば次の職場へ転職するのをお勧めします。

待遇や休み勤務地等働いていると悩みもつきません。

これまでも説明してきましたが施工管理は転職がしやすい職業です。

次の職場へ待遇アップを目的として転職が可能です。

会社を辞めてよかった経験談は別記事でまとめていますのであわせてご覧ください。

おすすめ記事:施工管理が会社を辞めてよかったこと

施工管理で転職する

建設業界で施工管理を続けたいなら建設業界専門の転職エージェントを利用しましょう。

実績や資格、経験を生かした転職をサポートしてくれます。

建設業界は経験をプラスにできる業界です。

資格など形になっていなくても転職では優遇されます。

おすすめの転職エージェントを紹介していますので見ていって下さい。

施工管理のおすすめ転職エージェントについて

施工管理から異業種に転職する

異業種転職ではいろいろな職種に転職が可能です。

営業やコンサルなど選ぶ職種がいっぱいあります。

最近は建設DXのIT企業など自然にいままでの経験を生かせておすすめです。

施工管理の異業種転職については別記事で詳しく解説していますのであわせてご覧ください、

おすすめ記事:施工管理の異業種転職について

施工管理から転職するときに気になる質問

施工管理を半年でやめて転職してもいいですか?

勤務年数は転職の時に気にされます。できれば1年、欲を言うと3年は努めたいですね。しかし無理な時もあります。自分と相談して決めましょう。

施工管理が向いていない人はどんな人ですか?

施工管理に向いていない人については別記事でまとめています。

おすすめ記事:施工管理が向いていない人の特徴について

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次