施工管理2年目は大変!?仕事がうまくいかない方に伝えたい対処法

施工管理2年目にうまくいかないなぁって思った事ありませんか

新しい仕事や覚えなきゃいけない仕事が山積みでなかなか苦労する姿をよく見ます。

なぜ、2年目がうまくいかないのでしょうか?

つらい理由からどうすれば良いかを解説しました。

youtube施工管理チャンネルにて若手社員の実態を対談してたのでこちらも一度見てみると良いかと思います。

目次

施工管理の2年目がつらい理由

施工管理2年目がつらい理由は以下が考えられます。

1年目より大きな仕事を任された

要領も分かってきて自分のこなせる仕事が増えた

自分の許容量が分かっておらず仕事がこなせなくなる

同僚と仕事の出来をくらべてナイーブになる

施工管理2年目は将来について考え始める時期

2年目になったら将来について考え始めましょう。

自分を客観的にどう見えるのかを考えてみましょう。

ずっと同じ会社にいるのか、他の会社へ転職してキャリアアップするのか

施工管理として自分の価値を上げるために何が必要なのか

  • 資格取得
  • 実務経験
  • 現場経験

具体例を挙げてみました。

なぜ2年目で将来を考えるかと言うと第二新卒として扱われるのは

3年目までだからです。

2年目で今の会社に不満があって長く働けないと感じたり

施工管理を続けていく未来が見えない場合も

第二新卒の内に転職した方がリスタートを切りやすいです。

若手施工管理がつらい時期を乗り越える方法

つらい時期の乗り越え方はいくつかあります。

  • 上司や先輩の仕事をひたすら真似る
  • 出来る仕事の量をキッチリ把握する
  • 人の話を真剣に聞く
  • 上司を傘にして苦手な人としゃべる
  • 2年目だからできないのは当たり前だと割り切る

いろんな方法でみんな乗り切っています。

しかし、乗り越えられなかった人もいます。

乗り越えた人は運が良かったとも言えます。

挑戦する事は大事です。どんな困難でも乗り越えられない壁はあります。

乗り越えられないとわかった時点、体に影響が出る前に乗り越えられないとわかったら転職等を真剣に検討しましょう。

おすすめの記事:施工管理で働いていてつらいことを解説

3年目になっても「仕事ができないヤツ」にならない方法

廻りの先輩でできないヤツはいませんか?

できないヤツのレッテルを張られるときついですよね。

ではレッテルを張られない様にできる事は無いでしょうか

対処法がいくつかあります。

  • 自分の工事経験を振り返る
  • 現在の立ち位置を確かめる
  • 自己分析をする

上記3つがおすすめです。

一つずつ見ていきましょう

自分の工事経験を振り返る

自分が経験した工事の内容を振り返りましょう。

工事経験を一つ一つ分類することによって自分ができることできないことがはっきりします。

経験しているものは、完璧にできるかというとそうではないかもしれませんが

次に仕事するときにある程度要領がわかるかと思います。

一度年度末とかに経験を振り返ってみましょう

現在の立ち位置を確かめる

自分の立ち位置を確かめることが大事です。

具体的にはどのように確かめる必要があるのでしょうか

4つの視点から考えてみましょう

  • 客先からどう見られているか
  • 下請けさん職人さんからどう見られているか
  • 営業からにどう見られているか
  • 設計からどう見られているか

これらの視点でどう見られているかを分析する必要があります。

信頼を得ている得ていないを冷静になって考えてみましょう。

施工管理2年目から市場価値を意識しよう

施工管理2年目は自分の市場価値を意識しよう。

自分の価値が現在どれくらいあるか知っておいた方が

その後の努力の方法が正しい方向にできるでしょう。

市場価値を確認する方法は「転職サイトに登録する」ことでわかります。

転職サイトの求人を確認することでわかることは

  • 現在の自分にはどれくらいの会社に転職できるのか
  • 行きたい会社、大手はどんな人材を求めているのか
  • 他社はどのような経験、資格を求めているのか

これらがわかります。転職サイトを利用した後、努力が正しい方に向けることができるでしょう。

お試しでも良いので、転職コンサルタントに相談してみることを転職サイト自体も推奨しています。

一度登録して相談してみてはいかがでしょうか。

施工管理1年目から登録しておきたい転職サービス

施工管理2年目で転職するか準備をしよう

あなたが転職した方が良いか、それとも今の会社で出世した方が良いかを考えた方が良いでしょう。

転職した方が良いと思う判断基準、今のまま出世した方が良いと思う判断基準を並べてみましたので確認していきましょう。

転職した方が良いかの判断

転職した方が良いと思う条件を挙げます。

  • 今の給料が不満で将来も満足する可能性が低い
  • 自分の価値を上げるような資格取得ができるような実務経験が積めない
  • 同僚との反りが合わない
  • 上司が尊敬できないし変わることもできない

上記のような環境だと転職したくなります。

ポジティブな理由もネガティブな理由もどちらもあると思います。

今の会社で出世する方が良いという判断

今の会社に残り続けるという判断はどのように

  • 今の会社に尊敬できる上司がいる
  • 資格取得に会社が積極的だ
  • 出世すれば望むくらいは給料がもらえる

上記のような環境であれば今の会社でそのまま努力して行ってもいいかもしれませんね。

正しい努力で順調に出世してきましょう。

転職した方がいい場合を考察

転職した方が良いと判断した方はどのように転職したら良いか考えてみましょう。

キャリアアップ方法を考えましょう。キャリアアップ方法をまとめた記事書いていますので合わせて確認ください。

まとめ

施工管理の2年目が上手く立ち回れるようにするポイントをまとめました。

  • 自分のできることできないことを仕分けする
  • 周りからの見え方を意識する
  • 転職コンサルタントに相談してみる

上記の内容を実践できれば平均点以上の施工管理になる事ができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次